プラセンタの力

プラセンタをご存じですか?

女性はもうおなじみだと思いますが、なぜプラセンタが良いのか?

まとめてみました

プラセンタの効用
プラセンタとは、お母さんのおなかの中で赤ちゃんを守り、育てる役割を持った 「胎盤」のことです。
プラセンタから抽出したエキスは、
・ 肝機能障害 ・ 更年期障害等の治療薬や滋養強壮を目的とした医薬品として、用いられてきました。
近年では、・ 疲労回復 ・ 抗アレルギー ・ 美肌作用 ・ 抗老化
など、幅広い分野で用いられるようになり、
また、医療の世界だけでなく、健康食品でも使われています。

プラセンタの役割
お母さんのおなかの中で
・ 赤ちゃんへ酸素や必要な栄養素の供給の仲立ち
・ 赤ちゃんの内臓に代わって消化や排泄
・ ホルモン分泌
・ 免疫を与える
などなど、赤ちゃんがおなかの中で健やかに成長する為に実に様々な働きを担っています。

母なる臓器
プラセンタは、細胞の増殖・再生をコントロールする物質 「細胞増殖因子(サイトカイン)」を合成・分泌する臓器でもあります。
この細胞増殖因子が無ければ、細胞は新たに作られることはありません
たった1つの細胞から、わずか10か月間で40兆個の細胞を持つ赤ちゃんが育つのは、プラセンタが作り出す細胞増殖因子のおかげです。
全ての細胞を作り出すための遺伝子情報をもったプラセンタは
母なる臓器と言えるでしょう。
赤ちゃん誕生の使命を果たした後は、体外へ送り出されます。
とはいえ、豊富な栄養素、細胞増殖因子等、各種有効成分を含んでいます。
動物は出産直後から、外敵から守らなければならない為、プラセンタを食べて栄養を採り、体力を回復させます。プラセンタの力を本能的にしっているのです。

自然治癒力
人間を含め生物には、自然治癒力というものがあります。
ケガをしたり、風邪をひいたり、精神的に落ち込んだりしても、自分で良くなろうとします。その力を自然治癒力と言います。
この力が衰えてくると、回復までの時間が長引いたりします。
「今までは寝れば良くなってたのに」
「肩とか凝った事無いんだけどな」
よく聞きませんか?
言った事ありますか?
プラセンタは、身体の不調を慢性化させないように働いてくれる
「自然薬」です
自然治癒力UP の為に医療業界でも用いられるようになりました。

 

プラセンタの歴史と医療
プラセンタの歴史は古く、紀元前4世紀には、ヒポクラテスが神秘の自然薬として使っていました。
中国では、4千年前から漢方薬として利用され、16世紀に寿命を延ばし長寿を得る最上級の薬と、漢方医薬書「本草綱目」に書かれています。
クレオパトラやマリーアントワネットは若返りの妙薬として愛用し、美貌を保っていたと伝えられています。

 

    

医療分野では、1933年旧ソ連オデッサ医科大学のフィラトフ教授が、組織療法の使ったことが始まりです。
その後、日本では更年期障害や肝機能改善の注射薬として使われるようになり、1943年京都大学医学部 三林隆吉教授により、滋養強壮、肉体疲労、病後の体力低下、栄養障害などに内服薬として利用されるようになりました。
1940年代 稗田健太郎博士が兵士のケガをや薬治すために、
【組織療法】を行い、日本に帰国後、久留米大学で胎盤治療に研究を続け、1960年代に胎盤を利用した【組織療法】を急速に全国に普及していきました。
プラセンタ医薬品は、衰えや欠損がみられる身体の生理機能を活性化したり、補ったりすることで健康な状態に復元し維持する働きがあります
身体自らの自然治癒力を喚起する根治的療法と言えます。

 

プラセンタの性質と用途
プラセンタは、活性ペプチドを合成・分泌します。
その中でも、細胞増殖因子(サイトカイン)は、さまざまな細胞の増殖・再生の中心となる物質です。サイトカインの指令が届かなければ、新しく細胞が作られることはありません。
この中でも、T細胞・B細胞・マクロファージといった免疫を担当する細胞を増殖・分化させるものを、「インターロイキン」と呼びます。
インターロイキンは、自然治癒力や免疫力を高めます。
さらに、過敏になった免疫細胞を抑制し、免疫システム全体のバランスを調整し、回復します。

Tリンパ球ともいう.胸腺由来の細胞で,Bリンパ球の抗体産生の調節,抗原となる細胞の溶解などの機能を有する
免疫機序(メカニズム)に関与するリンパ球の一種であるが、T細胞とB細胞という形で説明するほうが適当である。なぜなら、免疫機構において重要な役割を担うリンパ球には、その起源と機能とが異なる二つのグループが存在するという考え方が現在のところ支配的なためである。骨髄の幹細胞は、胸腺(きょうせん)の上皮細胞という場で、特殊な内部環境と胸腺の液性因子によってリンパ球に分化する場合と、胸腺とは無関係に骨髄でのみリンパ球に分化する場合とがあり、この両者は種種の点において異質であるため、前者を胸腺Thymus由来のリンパ球、すなわちT細胞とよび、後者を骨髄Bone marrow由来のリンパ球、すなわちB細胞と呼称している。走査型電子顕微鏡によって両者を形態学的にみると、T細胞の表面が比較的平滑であるのに反して、B細胞の表面には多数の突起があることがわかる。

 

 

 

 

アンチエイジング
老化は細胞の減少が原因です。
プラセンタには、さまざま細胞増殖因子の存在が確認されています。
新陳代謝を高めて身体を細胞レベルから若返らせる。
特にHGF(肝細胞増殖因子)は、肝臓だけでなく他の臓器も修復・再生させる成長因子として、再生医療に利用されています。
プラセンタ乾燥末には、EGF・FGF・HGFの存在が確認されています。
細胞増殖因子は、あくまでも正常細胞の遺伝子情報を運ぶ物質で、
栄養物質ではない為、遺伝子に異常のあるがん細胞などは、増殖できません。
それどころか、細胞の遺伝子の突然変異であるガンの発生を強力に抑制する力がある事が科学的に証明されています。
細胞増殖因子を含むプラセンタを医薬品や健康食品で身体に取り込むことは、細胞レベルでの若返りを期待できるという事になります。

 

 

活性酸素とプラセンタ
不健康な生活習慣は、身体にとって有害な活性酸素が過剰につくられてしまいます。鉄が錆びる・油が黒くなるなどは酸化が原因です。
人体でも細胞が酸化してしまうと、その集合体である臓器や組織はの機能が衰えてしまいます。
その為に老化が進んだり、動脈硬化・循環器系・消化器系・脳神経系の疾患や皮膚のがんを起こしてしまいます。
ストレス・喫煙・飲酒・睡眠不足などもこの原因になります。
プラセンタには、この活性酸素を除去し、細胞の参加を防ぐ働きがあります。
美容業界でもプラセンタは使われています。
紫外線浴びるとお肌に活性酸素を発生し、シミ・シワ・たるみの原因になります。プラセンタを塗布すると活性酸素を除去し、皮膚細胞の酸化や炎症を抑える働きがあるので、シミ・しわ・たるみの改善に使われています。

 

プラセンタの副作用
プラセンタの注射剤に関しては、50年以上も医療で使われていますが
重大な副作用の報告はありません。
医療で使われている注射剤は、人間由来のものですが、ごくまれにアレルギーが出る場合があります。それも1~2日で消滅していますので、副作用としては心配ないでしょう。
民間療法や美容機関では、ブタや馬のプラセンタが使われています。
それぞれに対してのアレルギーがある方は、注意が必要です。

 

見込まれる主な効果
● 肝障害
注射剤はもともと肝障害の治療薬として、厚生労働省により認可されています。
アルコール性肝炎・ウイルス性肝炎
活性酸素の過剰な発生を抑える免疫賦活作用、解毒作用、抗炎症作用の働きで、肝炎や肝硬変などにも効果があると考えられる。
● 更年期障害
ホルモンを調整する、内分泌調整作用や自律神経のバランスを調整する自律神経調整作用が役立つと考えられる。
また、過剰な女性ホルモンの分泌を抑制する調整作用がありますので、子宮内膜症や子宮筋腫にも効果があります。
※プラセンタにはホルモンは含まれていませんので安心して使えます。
● アレルギー疾患
抗アレルギー作用、抗炎症作用、免疫調整作用、基礎代謝向上作用
などが複合的に働くことが、アトピー性皮膚炎にも有効だと考えられる。
● 関節リューマチ
抗炎症作用などと共に、鎮痛作用もあるので、痛みの軽減に有効です。
免疫調整作用、抗アレルギー作用などが、体質改善を促し、関節リューマチの根本的な改善に効果を上げています。
● うつ病・月経前緊張症
自律神経調整作用や内分泌調整作用が精神神経疾患にも有効に働きかけ改善を促します。
● 美肌作用・肉芽形成作用・細胞増殖作用
活性酸素除去作用や抗炎症作用、新陳代謝を高める血行促進作用がシミ・しわ・たるみの改善、美白効果も期待でき、乾燥肌や脂性肌・ニキビなどにも効果があります。

 

プラセンタ抽出方法

培養細胞法
現段階では、最高峰の抽出技術で特許を取っている方式です。特殊なフィルターで不純物を徹底的に除去し、純度の高いエキスを抽出します。非加熱で処理できるためプラセンタ成分が破壊されません。
高度な技術のため、コストがかかります。
日本は、この技術を保有していません。

酵素分解法
高品質な製品に多く使われる方法です。酵素を利用して不必要な部分だけを分解し、有効成分を破壊せずに効率よく抽出する方法です。
水を使わず、これらの技術で抽出したプラセンタ原液は高品質で純度が高いです。

凍結酵素抽出法
凍結融解法の抽出能力の低さを酵素分解法の抽出能力で補った抽出法です。凍結融解の有効成分の抽出率が低いという問題を酵素により解決した抽出方法ですが、時間と費用、技術が必要となるためコストが高くなります。

加水分解法
胎盤の細胞膜を酸で分解して、有効成分を抽出するという方法です。塩酸などの強い酸を使用する場合があるためプラセンタの持つ有効成分までもが破壊されてしまう可能性があるというデメリットがあります。

 

 

プラセンタサプリの製造方法
エキス抽出後は、サプリメントへ加工するため、エキスを粉末化しなければなりません。プラセンタエキスを粉末(サプリ)にする製法には
・フリーズドライ製法
・スプレードライ製法
がありますが、その違いは以下の通りです。

フリーズドライ製法
プラセンタエキスをマイナス30度に凍結した後に減圧して水分や不純物を取り除いてから乾燥させる方法です。
加熱しないのでエキスに含まれる有効成分が壊れる可能性も低く、品質を損なうことなく、栄養をほぼ100%残すことが可能ですがコストが高くなります。

スプレードライ製法
水分を含んだプラセンタエキスに高温の気体を吹き付けて乾燥させます。
気体の温度が高いので、エキスに含まれる有効成分が壊れる可能性が高まります。また、製法過程でデキストリンといった希釈剤などを使う必要があるため純度が低下する場合があります。
低コストで、プラセンタの含有率が50%以下でもその含有率の表示義務はありませんのでプラセンタを選ぶ際は注意が必要です。

プラセンタエキスの抽出技術(抽出方法)は、プラセンタの品質を決める上で非常に大切な要素の一つです。

 

当店のプラセンタサプリはフリーズドライ製法で作られています。

 商品ページ 

関連記事

  1. コロナウイルスから守るには 2、予防

  2. 頭痛でお悩みの方

  3. KOGAOコースのお知らせ

  4. ご自宅でサロンを!副業にも

  5. コロナウイルスから守るには 1、コロナウイルスを知る

  6. べたべた汗は 老化!