整体って!?

今回は整体って?
について書いてみます

当店に来られたことがある患者さんは、
こんな感じというのは分かって頂いているとおもいます。

しかし、ここは良いよと紹介して頂いても

「ボキボキされるから嫌」「高いから」「痛いから」
「保険がきかないし」

「そう言われて、なかなか来ようとしないんですよね」

そんなことを耳にします。

そこで、今回は少しでも整体を解って頂きたく思います。

 

まず整体とは、ですね

整体とは、カイロプラクティックの技術に似ていて、

骨格の捻じれやズレを手技で整える施術です。

その為に 問診・視診・触診 によって痛みと変位(捻じれやズレ)を確認し

痛みと変位を関連付けして、変位を矯正や調整することで

痛みや症状を改善へと導く技術です。

※ あくまでも個人的意見です。

「ボキボキ」について

この場合のボキボキは、骨格を矯正されるときに起こる音ですね

皆さんも経験があるとは、思いますが

身体がこわばって、動きづらいなっていうときに

背伸びしたり、身体を捻じったりするでしょう

その時にボキボキなるような事ありませんか?

あのボキボキとは違います。

テレビなんかで良く捻じれを矯正しますっていってやってますが

多分あれの事を怖いと思われているんだと思います。

あのやり方はスポーツの場面で、選手がスタート前や試合前に

自分で身体を捻じっているシーンを見る事がありますね

身体をリラックスさせて動きやすくする為にやる動作ですが

それと同じと思ってください

本来の矯正は触診してズレている箇所に対してアプローチしていくので

角度や方向をしっかり決めて行う為に、あんなに大げさには行いません。

骨格を矯正する際に「ボキボキ」という音はすることはあります。

それが怖いから嫌な方は、言って頂ければ別の手技を使いますし

説明も致します。

 

「保険が使えない」「高い」について

社会保険・国民健康保険を使えると、本当にいいですよね

これは申し訳ございませんとしか言えません。

もっと密に通って頂ければ絶対いい方向に向かうのに・・・

そんな患者さんはたくさんおられます。

しかし、ご負担が大きくなってしまいます

かといって、料金を下げると運営できなくなります。

国が認めないので、仕方ありません

申し訳ございません。としか言えないですね。

 

ここからは、私個人の考え方や方針になります。

改善にたいして、

骨格のズレや捻じれは、生活の癖で起きる事が多いです。

慢性的な痛みはその可能性が高いですね。

急性の症状はその時ズレを生じた痛みだったりもしますが

根本の原因は元々のスレの事が多いです。

患者さんは痛いしか解らないし、痛いとしか言えません

同じ痛みでも経緯が違うと、同じ施術では改善しない事があります。

病院を選ぶとき、治療院や施術院を選ぶとき

人の意見をよく聞いたりしますね

あそこは良いよと言われても、私は治らなかった

これもよく聞く話です。

その中でも、当店のような施術院は手技がメインです

院によってやり方が全然違います。

理論も違えばやり方も違います

なので、患者さんの反応も人によって良し悪しがハッキリ出ます。

それが保険の対応にならない原因の一つでもありますね

ではなぜ、良し悪しがはっきり出るのか

腰が痛い時、腰の痛みに良かったと聞き行ったはずなのに

あの人は良かったのに、その人は良くなかったのか!

同じ腰痛に同じ施術

GOOD BAD なぜ別れるのでしょうか?

それは、その痛みの経緯が違うからです。

同じ部位に同じ痛みを訴える患者さん2人いる

でもその2人は生活も違えば、習慣も違うし癖も違う

痛みの原因が違うんです。

話をしてそこから聞いていかないと痛みが取れない場合もあります。

原因が違えば、その人に合った手技が変わります。

なかなか取れない痛みが、たまたま合った施術に出会ったら

それは『神の手』なんです。

逆に言えば『神の手』なんてありません。

合うか合わないかです。

 

私は、自分のやり方が1番とは思いません。

だから、色んな理論を取り入れどんな患者さんにも合うように

誰もが笑顔で帰って頂けるように、心掛けて

その方への私の今の1番を提供しています。

「高い」から「安い」と思われる施術院を目指して頑張ります。

 

補足

整体は痛みや違和感をとる使い方より、傷めない痛まない身体つくりとして

ご利用頂けることがベストだと考えます。

そのメンテナンスにはリンパマッサージが最適です。

 

長々読んでいただき、ありがとうございました

関連記事

  1. 注意!

  2. ご自宅でサロンを!副業にも

  3. コロナウイルスから守るには 1、コロナウイルスを知る

  4. 頭すっきり

  5. 心理検査 グラフ

  6. KOGAOコースのお知らせ